【ダウンウェアを自宅で洗濯】ダウンクリーナーでクリーニング代の節約に

こんにちわ。

寒くなってきてダウンコートが手放せなくなってきました。

今日はダウンコートを専用のクリーナーを使って自宅で簡単に洗濯する方法をご紹介します。

何も難し事はいらないので、毎年ダウンウェアのクリーニング代がかかって節約したいなど思われている方の参考になれば幸いです。

ダウンウェアは自宅で洗濯可能か?

まず、もうお分かりいただいていると思いますが、ダウンウェアは自宅で丸洗いすることが可能です。

私も数年前まではダウンウェアは特殊な素材だし値段も高いし取り扱いに注意しなければならないと思っていたので、必ずシーズンが終わるとクリー二ング店に出していたのですが、友人が自宅で洗っているのを知りそれから、私も自宅で自分で洗うようになりました。

実際自宅で洗うようになってからは、子供に汚される度に専用のクリーナーを使ってシーズン中に何回も気軽に洗っています。

何といっても清潔を保てるのが嬉しいところです。

もしクリーニング店に出すとなると少々手間ですし時間もかかります。

そして何といっても値段ですよね・・・。

ダウンコートのクリーニング代相場

実際にクリーニング店に出す場合の相場を調べて見ました。

表示価格は税抜きです。

白洋舍 2,100円~4,200円

ホワイト急便1,300円~

うさちゃんクリーニング 2,473円~

ノムラクリーニング 3,300円

ポニークリーニング2,300円~

カーニバルクリーニング1,200円

これだけでも平均すると2,659円(税込み)します。

1回でやはり服が買える値段ですので、最近ではユニクロなどの安いダウンを買って1シーズンで買い換えるという友人もいました。

モンベルダウンクリーナー

実際に自分で洗おうと思われた方は専用のクリーナーだけ購入が必要です。

私が今使っている専用クリーナーがモンベルのダウンクリーナーです。

洗濯できる事もモンベルで働いていた友人から教えてもらったのですがその時からこのダウンクリーナーを使っています。

値段は定価700円+税

1本で200mL入っています。

ちなみに400ml入ったタイプは1000円+税です。

一般的なダウンウェアが200mlで13着分洗えるので1着のクリーニング代はなんと!!

53円で洗濯できるんです。

クリーニング代の約50分の1の値段ですので驚きです。

洗う手間もなく全く難しくないので、誰でも簡単に洗濯することができます。

そして、皮脂や油、汗いった汚れはもちろんの事、ロフト(かさ高さ)を回復させてくれるのがこのクリーナーのいいところなんです。

成分:
界面活性剤30%
ポリオキシアルキレンアルキルエーテル
ポリオキシアルキレンアルキルアミン
※香料、蛍光剤、漂白剤不使用

購入はモンベルの店頭かネットでも買えますので是非チェックしてみてください。

mont-bell(モンベル) O.D. MT ダウンクリーナー 200ml 1124640

新品価格
¥1,479から
(2020/1/30 13:18時点)

ダウンウェアの洗濯方法

実際に先日子供にどろどろに汚されていて気になっていたダウンコートを洗う事にしました。

冬場の泥道で子供に抱っこと言われたらもうダメですね・・・すぐに汚れます汗。

洗濯方法は2つ

  1. 洗濯機で丸洗いする方法
  2. 手洗いする方法

今日は実際に洗濯機で洗った方法と手洗いの方法を説明しますね。

洗濯前のダウンウェア

今日洗うダウンコートと実際の汚れ落ちやロフトの回復、洗い上がりなどを確認する為写真をとっておきました。

折りたたんだ状態

ロフトの状態チェック

高さ約11センチ
襟を上から計った状態 高さ約9センチ

汚れチェック

ポケット下にシミが・・・
袖口の汚れ・・・

1.洗濯機で丸洗い

まず、洗濯機ですがダウンは浮きやすいのでドラム式がお勧めです。

洗うダウンウェアのジッパーやボタン、マジックテープはしっかり閉じます。

洗剤ボトルは使用前によく振っておきます。

使用量の目安

ジャケット 
水量 15L キャップ2杯(15ml)

スリーピングバッグ
水量 72L キャップ10杯(75ml)

以上を参考にダウンクリーナーの量を調整して下さい。

ちなみに今回洗ったダウンコートはキャップ3杯使いました。

頑固な汚れなどは直接かけると汚れ落ちがいいので袖口に直接塗布しました。

頑固な汚れは直接塗布OK

後は洗濯機に入れて【弱】コースで洗うだけ。

そのまま放り込む

簡単ですね。

すすぎや脱水は十分するようにしてください。

不十分な場合はシミになる場合がありますので。

2.手洗いする方法

たらいなどでダウンの空気を抜きながら完全にダウンが水に浸るくらい沈めます。

ダウンクリーナーを入れ汚れやシミがなくなるまで押し洗いします。

その後は洗浄液を捨て水が綺麗になるまで何回も繰り返しすすぎ洗いします。

綺麗に洗えたら洗濯機で十分に脱水をかけ乾燥させます。

ダウンウェアの乾燥方法

乾燥方法は洗濯機も手洗いも共通です。

しっかり脱水をして(私の場合は10分~15分ほどかけました)洗濯が終わったらすぐに乾燥機にかけます。

脱水後はペッシャンコ

脱水後にダウンウェアを見るとダウンはどこ行った?っと心配するほどペッシャンコになりダウンが一部分に片寄って塊っています。

ですが、心配いりません。

ダウンが乾けば回復するので大丈夫です。高温の乾燥は生地を傷めるおそれがあります。

羽毛の塊がなくなってしっかり乾燥できたら終了です。

ちなみに乾燥機にかけずに自然乾燥する事もできます。

私は部屋干しである程度水分を飛ばしてから乾燥機にかけました。

脱水後に部屋干し

自然乾燥でもロフトの回復はできますが、ダウンが片寄る事があるので乾燥機がお勧めです。

乾燥が終わったら一晩自然乾燥すれば終了です。

洗濯後のダウンウェア

洗濯前
洗濯後

ロフトの状態チェック

洗濯前
洗濯後
洗濯前
洗濯後

汚れチェック

洗濯前
洗濯後
洗濯前
洗濯後

なかなか写真では分かりにくいですが、ロフトが回復して汚れもしっかり落ちているのを確認できました。

mont-bell(モンベル) O.D. MT ダウンクリーナー 200ml 1124640

新品価格
¥1,479から
(2020/1/30 13:18時点)

まとめ

ダウンウェア製品はお値段も高いので管理にお金がかかりますが、このように自宅で簡単に洗濯することができます。

少々はじめは怖いかもしれませんが、専用のクリーナーをつかえばロフトが回復しますし汚れもしっかり落としてくれます。

これからも、汚れたらこまめに家で洗浄してダウンウェアも清潔に保っていけたらと思います。