ミニマリストの出産準備♡役に立ったベビー用品と代替できる用品

こんにちわ。

今日は私が出産し子育てしていく上で必要だったベビー用品について紹介します。

赤ちゃんが初めて生まれて何が本当に必要かわからないという方の参考になればと思い、必要だったものを私の体験と交えながらお送りさせていただきます。

赤ちゃん用品は必要になってからでも遅くない

赤ちゃん用品に限らず子供には親心ながらに色々準備して用意してしまいがちですが、そんなに前もって揃える必要はないと感じています。

待望のわが子をづっと心待ちにしていて、色々揃えたくもなりますがお金もかかることなので代用できるものは代用して本当に必要になった時に購入するくらいがちょうどいいと思います。

その理由はいずれ処分する物であるという事もあるからです。

ですので、皆さまには買って後悔したという事がないように、感じた事をご紹介させていただきます。

あってよかった赤ちゃん用品

赤ちゃんが生まれて私が使った物をご紹介します。

肌着・服

これは必ず必要ですね。必要最低限の数でいいので季節に合った物を準備しておきました。

授乳クッション

私は病院でもらった物を使ってました。

初めての出産では慣れないので、よく使っていた記憶があります。

お座りができるようになると転落防止としてこのように使っていました。

ベビーバス

我が家ではおさがりで貰ったのを使っていました。

数週間だけのことなので家にある大きめのケースで代用したり、洗面台やシンクに直接お湯を溜めて洗うという方もいるくらいです。

私が友達にお勧めしたのは、エアーで膨らませられるベビーバスです。

999円でネットでも赤ちゃん本舗でも売っています。

いらなくなったら空気を抜いて小さくたためるのもお勧めの理由です。

ベビーカー


こちらは、今でも使ってます。

とても欠かせないものとなっています。

ですが私の友人の子供はベビーカーが嫌いでほとんど乗らなかったと聞きました。

よりコンパクトにたためるA型のベビーカーが乗れるまで買わないという方もいます。

また、今はどこに行ってもカートが準備されているのでそれを利用するという手もありです。

ですが、やはりお散歩に行ったりちょっと買い物した時もベビーカーに荷物を下げられたりと便利です。

ベビーカーを買うなら持ち運びがしやすいように軽めをお勧めします。

ハイロ―ラック

台所で料理する時に、そばにいないと泣くのでこのハイロ―ラックに乗せていました。

食事するようになれば食事台や椅子代わりに使えます。

高さも調整できるので、目線を合わせることができるのが良いところです。

フラットにして揺らせば、よくここでお昼寝もしていました。

友人は3歳くらいまでダイニングで椅子代わりに使っていました。

抱っこひも

こちらも、両手が使えるようになるのであると便利でした。

特に新生児は縦抱きができないので,縦抱き・横抱き・おんぶができるタイプのものがいいと思います。

チャイルドシート

これは6歳まで義務づけされているので必要です。

新生児も乗れるようにフラットにできるタイプがお勧めです。

スイマーバ うきわ

これは自分の身体を洗う時などに便利で助かった商品でした。

娘も喜んでこの浮輪で浮いていました。

代替ができるベビー用品

ベビーベッド

うちにもありましたが場所を取るので結局組み立てもせず大人布団で一緒に寝ていました。

ベビー布団

買ったのは子供が保育園のお昼寝で必要になった時です。

それまでは、同じ布団で寝ていたので必要ありませんでした。

また、新生児は小さいので大きめの座布団でこのように代用していました。

ドーナツ枕

こちらも、タオルで代用していました。

子供の頭の形も問題なく普通に綺麗です。

おくるみ

大きめのバスタオルを使っていました。

プレイジム

ピンクの可愛いのを買いました。

あるとあるでいいですが、使うのは数カ月なのでよく考えてからでも良いと思います。

離乳食器具

離乳食が始まれば、野菜をすり潰したり細かく刻んだりとする為、それ専用の器具もありますが家にあるものフォークやスプーンで代用していました。

赤ちゃん用品はレンタルがお勧め

おさがりやお友達から借りれたらいいのですが、それもなくて購入を迷っている方はレンタルするというのもお勧めです。

赤ちゃん用品は本当にすぐ使わなくなります。

ですので、レンタルですと必要な時期だけ使えますしいらなくなったらすぐに返せます。

是非迷ってらっしゃる方は検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

待望の赤ちゃん♡楽しみですが焦らず生まれてくる赤ちゃんに合った物を必要になってからでいいので用意してあげてみてはと思います。

赤ちゃん用品は本当に一時なのでおさがりやレンタルまた家であるもので代用できる事もあります。

物が増えやすい時期でお金もかかるので、ちょっとした工夫で上手く乗り越えながら幸せな赤ちゃんライフを楽しんでくださいね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。