家計簿を上手に活かして節約につなげる効果的な方法

こんにちは。

今日は私が効果的だった家計簿の活用方法についてお送りします。

皆さまは家計簿つけてられますか?

今はお金の流れも把握できて無駄もなくなったのでつけるのをやめていますが、結婚した当時は私も家計簿はきっちりつけていました。

家計簿をつけるだけでは時間の無駄!家計簿の上手な付け方

結婚当初私が家計簿をつけていたやり方を紹介します。

まずはざっくりカテゴリー分け

私はエクセルで1ヶ月ごとに家計を集計し年単位シートを分けて管理していました。

まずは、収入と支出に分けます。

そしてさらに細かくカテゴリー分けしていきます。

収入 (給料・ボーナス)
支出  住 (家賃・更新料・駐車場)
    保険 (医療・学資)
    光熱費 (ガス・水道・電気)
    通信費 (携帯・ネット)
    食(外食・酒・食費) 
    日用品 (雑費・家具・電化製品)
    交際費(お祝い・手土産)
    子供 (おむつ・雑費)
    教養・娯楽 (レジャー・旅行)
    自動車 (保険・税金・ガソリン)
    医療・衛生(旦那・子供・自分)
    その他 (使途不明金)

カテゴリー分けした部分に1ヶ月ごとに金額を打ち込み集計していきます。

カテゴリーはこんなに細かくなくても大丈夫です。

必要な項目を作ってご自身で管理しやすいように作っていってください。

シートの計算方法とチェック項目

エクセルで計算式を作り合計を確認します。

縦軸(収入ー支出)=余ったお金(黒字・赤字)

横軸 カテゴリーごとに使った1年間の合計金額

つけて終わりでないその確認方法と考え方

家計簿が完成したら、終了ではありません。

ここからが大事なポイントになります。

ここでは、確認方法と考え方をご紹介します。

はじめは普通に生活して、ざっと月々にかかる生活費が収入のどれくらいかかっているかを把握していきます。

家計をもっとスリムにしたいと思われたら、食費や住居費など収入に対する目安などを参考に月々の予算が使い過ぎていないかを確認していきます。

そして次に私も効果的だったのが横軸のカテゴリーごとの1年の合計です。

カテゴリーごとに1年分の合計を出して確認してみて下さい。

月々だと大した支出でなくても1年で合計すると結構かかっているなあと思うカテゴリーを見ていきます。

私の場合は、外食費や交際費でした。

これらが1年で数十万になるなら海外旅行にいきたいなあと思い、次の年からは外食と交際費を意識していくようにしていきました。

家計簿は活かしていくことが大事

このように、家計簿はただつけるのではなくてつけたあとに確認して次に活かしていくことが大事です。

それぞれ価値観が違うのでどこにお金をかけるかはその家庭の自由です。

ですが、家計全体の支出を把握し無駄があると思えば、無駄をなくしてより価値のあることにお金を回すという方が人生も充実したものになると感じています。

また、家を買うなど頭金を貯めたいとなれば、家計の見直しが有効です。

毎日の小さな節約よりも1年単位で大きく考える事

私も節約が大好きですが、安い食材を探したり小さな事にこだわっても、結局1年で考えるとそんなに大差がなかったりします。

ですが、こうやって家計簿をつけると実はそれよりも簡単で見直しすると効率的な事も見えてきます。

ですので、はじめは少々面倒ですがざっくりとでもいいのでお金の流れを把握し理解することは家計管理において大事な事だと思います。

家計簿は1年単位で比較確認も忘れずに

私はこのようにして、結婚してから家計に無駄がなくなるまで家計簿を約5年ほどつけていました。

といっても、面倒だったので数カ月に1回ザッと集計してエクセルに打ち込むだけでした。

そして、年単位でデータが集まると、さらにカテゴリーごとにの比較を年単位でもしていきます。

私はこれで外食費を1年後には10分の1にまで減らすことができました。

そして、外食は今でも年に数回ほどしかありません。

その代わりにレジャーに使ったりとお金の使い道も変わりました。

数年続けていると年々無駄だと思うようなことがなくなり、全体的に支出も減らすことができるようになってきました。

家計簿をつけていて、こんなことも助かった

そして、家計簿をつけていて良かったことがあります。

それは、水漏れに気づいたことです。

いつもなら6,000円ほどの水道費なんですが、ある時10,000円以上に水道代が跳ね上がったのです。

何でだろうと原因を探っていくと、それはトイレの水が徐々に出ていた事が原因でした。

すぐさま修理をお願いしてその月から水道代は元の値段に戻りました。

毎月の水道費を把握していなければこういったことにも気づけなかったですね。

無駄がなくなったので家計管理は年1回だけ

 

今はお金の流れも把握し、年間通して最低限必要な生活費もすべて抑えられています。

ですので、特に家計簿をつける必要がなくなりました。

今は毎年1回銀行口座の残高を確認してそれをエクセルで作ったキャッシュフロー表に入力していくだけです。

キャッシュフロー表については、また別の記事でご紹介しますね。

まとめ

今では家計簿をつける時間もそこに費やす労力もなくなり大変ミニマルになりました♡

家計簿を継続してつけていくのは大変ですが、お金の流れを把握して無駄をなくしたい方はまずは現状を知るという意味で効果的だと感じています。

その効果を感じれるようになるとまた家計簿も楽しくなってきます。

私もこれからお金とうまく付き合いながら充実した人生を送れるように日々勉強していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。