断乳を上手く成功させるコツ♡母乳外来は必要か?

こんちにわ。

先日やっと、やっと、2歳半になる次女の断乳に成功をしました。

非常にスムーズにいった我が家の断乳方法をご紹介します。

これから断乳を考えている方や断乳方法がわからない方などに実際に断乳した時の様子などを交えながらお送りいたします。

断乳と卒乳の違いとは?

その前にそもそも断乳って卒乳とどう違うの?っといったところをご説明します。

まず、断乳も卒乳もおっぱいを吸わなくなることを意味しますが、その過程が違います。

断乳とは強制的におっぱいを断つ事をいいます。

2人目を考えているので辞めたいとか、病気で入院することになったのでやめなければならないなど、今回の私のようにもうソロソロ辞めたいけど子供がなかなか卒乳する気配がないなどで、一方的に乳離れをすることです。

そして卒乳とは自然におっぱいを子供が吸わなくなって、おっぱいを卒業することを言います。

本当なら私も子供が自然におっぱいを吸わなくなるまでしてやりたかったのですが、その前に私の身体も受け付けなくなり早く辞めたいと思うようになったので、今回断乳を決意しました。

断乳の流れ

まずは、断乳と言っても今まで普通におっぱいしてたのに、「はいもうあげませんよ。」

ではいけません。

いきなり断ってしまうのは、子供もわけがわからないですしかわいそうです。

ですので前もって計画を立てて準備をしておきます。

それがスムーズに進めるコツにもなります。

1人目の時も今回もこの断乳の流れでスムーズにいったのでその方法をご紹介します。

  1. 日を決める
  2. 断乳することを言い聞かす
  3. 断乳スタート
  4. 子供のフォロー
  5. 搾乳と母乳ケア
  6. 断乳成功

流れは以上になります。

それでは、1から実際にやった方法とその様子をご紹介していきます。

1.日を決める

まずは、断乳する日を決めましょう。

断乳すると子供が愚図ったり、私のように添い乳をして今まで寝かせていたご家庭ではそれができないので抱っこで寝かせたり、子供のフォローをしていく必要があるので、余裕がある日にするといいと思います。

仕事をしているお母さんは、特に大変だと思うので連休や休みの日にするなど、まわりに子供の相手をしてくれる人がいる日などを選ぶといいと思います。

また、私のように子供がある程度わかっていれば、カレンダーを見ながら一緒にいつにするか相談しながら決めていくといいと思います。

ちなみに1人目の時は1歳8カ月のゴールデンウィークに断乳をしました。

2.断乳することを言い聞かす。

日が決まったら、カレンダーに「おっぱいバイバイ」などと書いて、その日に断乳する事を子供にも伝えます。

はじめは、いやだとか悲しい顔をするかもしれませんが、前もって伝えておくと子供もだんだんわかってくるようになります。

だいたい3日~1週間前くらいから伝えて、1日が終わる度にカレンダーに✕印をつけていきます。

だんだん断乳の日が近づいてくる事が子供にもわかり心の準備もできますね。

断乳の日までは毎日断乳することを伝え言い聞かせていきます。

まだ、月齢によってよくわかってないかもしれませんが、それまでに「おっぱいバイバイねー」と言ってわからないながらでも子供が「うん」と首を縦に振るようなしぐさを見せたら比較的スムーズに行きます。

まだ「イヤだ―」と言って首を横に振るようなら、少し時間がかかるかもしれません。

実は私も一度断乳を決めた日があったのですが、子供があまりにも悲しむので断念してしまいました。

子供の辛い顔を見るとどうしても心が折れてしまいますね。

ですので断乳するにも、母親の強い決心が必要です。

そして、一度決めたらやり通す方がいいと思います。

私の断乳の言い聞かせ方

次こそは、とちょっとしてから、今度は「もうそろそろおっぱいバイバイしようよー」と子供に納得してもらえるまで話し続けました。そしてやっと1週間ほどたった頃、首を縦に振るようになたのでそれから断乳する日を決めました。

ここでのポイントは、子供が首を縦に振った上で断乳を決行するのがスムーズにいくコツだと思います。

わかってないようでも、子供がよっぽどイヤがらなかったら大丈夫きっと上手くいきます。

後は母親の決心ですね。

3断乳スタート

いざ断乳する当日、ここでのポイントは最後のおっぱいは子供が心いくまで吸わせてあげることです。

私も「これが最後だよー」といいながら最後の子供との時間をかみしめました。

なんか、寂しくないですか?

私は友達から「悲しむなんて優しいね、早く終わりたくて仕方なかったのに・・」と言われたことがあるのですが、もう最後かと思うと本当に寂しくて悲しくて涙がでてきました。

が、やはり夜の授乳の事を思うと辞めたいのは変わりありませんでした。

最後は子供自ら離れるまでおっぱいを吸わせてやります。

そして、最後のおっぱいが終わったら次の準備です。

私の断乳方法とそのやり方

ここで、いろいろな断乳方法がありますが私のやった方法はおっぱいに絵を書くことです。

その他にも、おっぱいにわさびやからしをつけて子供に嫌がらせるなど聞いた事がありますが。

これは少々強引ですね・・・。

うちの場合はそのまま朝保育園に送りだしたので、迎えにいくまでにおっぱいに絵を描いて準備しました。

私は、両方のおっぱいにアンパンマンとバイキンマンの絵を油性マジックで描きます。

乳首のところは絆創膏でかくして、もう吸えないようにします。

そこを、鼻にして絵をかきます。

なんとも無様ですよ(笑)

こんな感じ。

絵も色々あって、子供が嫌がるような怪獣の絵を描くなどされている方もいるようですが、私は子供の大好きなアンパンマンの絵を書くことにしてます。

ちなみに長女の時はアンパンマンとドキンちゃんでしたよ。

断乳の数日前からこれも言い聞かせていておいて、「おっぱいがアンパンマンとバイキンマンになるよー」と伝えてました。

そして園から帰ってきて少しした頃、やはりやってきました

「おっぱいチョーだい」と・・・。

「おっぱいバイバイしたねー」と言って何もなかったようにすると、少し我慢をしたもののやはり「おっぱい!」というので絵の描いたおっぱいを見せて「アンパンマンになったよー」と言いました。

次女のおっぱいを見たその時の顔。悲壮感の半端ない表情が今でも忘れられません。

怖い怪物をみたような、この世の終わりのような顔をしたので私も逆にびっくりしてしまいました。

その後次女は大泣き。

そーか、そんなにおっぱいが好きやったんやねとちょっと心が折れそうになりましたが、ここは我慢。

泣く娘をなだめる事数分。以外とすぐに泣き止み何食わぬ顔で他の事で遊んでくれました。

それから、1度も「おっぱい」とは言わず寄り付きもしません。

断乳後のお風呂

そして、いよいよお風呂です。

お風呂では、おっぱいが見えてしまうので旦那さんにお願いするなど一緒に入らないなどもいいと思います。

一緒に入る場合は子供が吸ってしまわないように、やはりテープで吸えないようにするなどの工夫が必要だと思います。

お風呂の時も、おっぱいに書かれた絵を恐る恐る遠目で覗き見する娘。

やはり、顔からして怖がっています。

恐ろしい怪物でもみるようそんな顔、今までも見た事がありません。

(え、そーなの?こわいの?)長女の時は、おっぱいのアンパンマン見て「アンパンマン♡」といってめっちゃ喜んだんですがね・・・。

それから、おっぱいの事にはお互い触れずに無事お風呂は終了しました。

4.子供のフォロー

断乳すると決めてスタートしたら、もうどんなに泣いてもおっぱいをやる事はできません。

子供が大粒の涙を流して悲しんでいたら、きっと心が折れるでしょう。

ですので、母親もとても辛いところになります。

場合によっては何日も睡眠が十分とれなかったり、こどもの相手で疲れてしまうかもしれません。

おまけに胸も張ってきます。

私も1人目の時は2日間ほど、子供の気をそらすのに大変でした。

でも、子供は案外すぐ忘れます。

何事もなかったように、忘れられると案外寂しいものですよ。

ここは頑張って乗り切りましょう。

私の子供のフォロー

いつもなら「おっぱい」と言って添い乳でしか寝た事のない娘。

今夜も中々寝られないだろうなと思っていた矢先なんと「おっぱいバイバイするー」と言う娘。

これには、母もびっくり。

そうか、「おっぱいバイバイできるんねー」と言いながら、寝静まるまでお話したりトントンしたり。

今までなら添い乳でよく子供の顔が見れなかったけど、こうやって横になってお話できるのもいいなあと思いながら子供との就寝タイムを楽しみました。

そうすること数十分そのまま静かに寝てくれました。

母感動!今回は思っていたよりスムーズにいきました。

深夜もいつもなら「おっぱい」「おっぱい」と何度も目が覚めていたのですが、1度起きたくらいですぐトントンして寝てくれました。

そして断乳1日目を無事に終える事ができたのです。

5.搾乳と母乳ケア

1日目が無事に終わると、だんだん楽になっていきますのでもうひと踏ん張りです。

頑張ってください。

人によりますが、2.3日もすれば子供も忘れてしまうと思います。

そしてこのころになると胸がだいぶ張ってくると思います。

なるべくやり過ぎずに、適度に張ってきたら搾乳しても大丈夫です。

私は1人目の時に無理して搾乳を我慢してしまったので、胸がとても痛くなりさらに体調を崩し大変でした。

吸われなくなった乳は徐々に分泌をしなくなります。

1日に1回、その次は2日に1回など徐々に搾乳する期間を空けて乳の分泌が収まるまで続けていきます。

断乳後の母乳ケアは必要?

今回私の場合は乳の分泌がすでに干からびているような状況だったので、特に気になることもなく自然に終えましたが、断乳後の母乳ケアを病院でもしてくれます。

乳腺炎などを心配される方もいらっしゃると思いますので、もし気になる方は断乳後の母乳ケアに行かれてもいいかと思います。

ちなみに私は1人目の時も今回も病院には行っていません。

それで1人目の時に困ったことはありませんでした。

今回も今のとこ何も問題はありませんので絶対に病院に行かなくてはならないというわけではないと思います。

6.断乳成功

母乳も落ち着き日常の生活にもどったら晴れて断乳成功です。

断乳に要した期間

今回と長女の時にかかった断乳の期間をまとめます

1人目 1歳8カ月 2~3日

2人目 2歳半 1日

今回は特に、子供のフォローもほとんどせずに自然に終了できたように思います。

終わって見れば、断乳して良かったと思う事も沢山でてきます。

お酒も飲めますし、お薬も気にならなくなりますね。

子供を実家に預ける事ができたり、子供も母親もぐっすり朝まで寝ることができるようになります。

今まで食べなかったご飯も沢山食べるようになり、もう夜の授乳で虫歯の事も心配しなくてよくなります。

おっぱいを卒業してまた子供が一段と成長した事を感じるでしょう。

お子様も皆さまも本当によく頑張りましたね。

断乳本当にお疲れ様でした。

以上で断乳のお話は終わりです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

何かの参考になれば幸いです。